プラステンアップを実際に3ヶ月飲んでわかった効果をすべて公開します!

プラステンアップ

現在非常に注目を集めているプラステンアップですが、やはり実際に試してみなければその効果のほどは分からないものです。プラステンアップに興味を持っていても「本当に効果が出るか分からない…」という理由からなかなか手が出せずにいる人も多いでしょう。

 

そのような時は口コミ体験談を参考にすれば、プラステンアップの効果のほどを少しでも推し測るのに役立つはずです。ここでは私が息子にプラステンアップを試してわかった口コミ体験談を載せています。

 

結論からいうと、プラステンアップの効果は"すごい"の一言です。

 

ただ、最低でも3ヶ月は継続することをおすすめします。その理由も解説しますが、公式サイトにもこのように記載されています。

 

成長期にはサイクルやタイミングがあるためすぐ実感いただけるものではありません。ただ、成長にあわせて数ヶ月で見違えるほど実感されることも多いため、少なくとも3〜6ヶ月はご継続されることをお勧めします。
引用元:プラステンアップ公式サイト

 

\その効果を見てみる/

プラステンアップ公式サイトをチェック

 

プラステンアップを始めたきっかけ!息子の身長や体格が小さいから心配…

母親の悩み

プラステンアップを始めたきっかけですが、やはり息子の身長や体格が平均値と比べて小さかったからです。男の子ということもありますし、身長や体格が小さいと心配になってしまいます。

 

息子の食生活を見直してみたところ、昔から好き嫌いが多くて偏食気味であることが気になりました。食生活が身長が伸びない原因なのかは分かりませんが、単純に偏食は栄養不足になるので、息子の健康によくないのは間違いないわけです。

 

そこでプラステンアップを始めれば、身長や体格が小さい息子も栄養を満たせるようになり、体にも変化が出てくるのではないかと考えました。

 

プラステンアップの基本スペックと特徴

 

プラステンアップは以下3つの特徴があります。

 

  • 中高生が求める栄養量が摂取できる
  • ノーベル賞学者が立てた栄養理論に従った配合
  • 特殊製法でこだわった吸収力

 

これらの特徴はどれも利用者が身体の成長を実感できるようにするためのものです。いくらプラステンアップが優れていたとしても身体の成長を実感できなければ続けにくいだけに、これらのこだわりはありがたいものです。

 

プラステンアップとは?

プラステンアップ商品

そもそもプラステンアップとは何かというと、サンテミナ株式会社が販売する健康食品を指します。中高生を対象にした成長飲料、サプリで、成長期にいる子供の成長をサポートしてくれます。

 

徹底比較ドットコム調べでは「中高生が選ぶ成長期応援サプリ第1位」に輝きました。

 

このランキングは個人の感想で集計されたもので、効果・効能を保証するわけではありません。しかしそれでも個人の良い感想が多く出ているというのは単純にすごいことです。

 

成長期の子供の成長をサポートする健康食品には様々なものがありますが、プラステンアップはそれらの製品の選択肢の1つとして利用することができます。他の製品では成長を実感できなかったとしても、プラステンアップなら何か違いが生まれるかもしれません。

 

健康食品には怪しいものも多いですが、プラステンアップは公式ページで細かく情報を提供しているので、安心感があります。

 

特に販売会社であるサンテミナ株式会社の住所や運営統括責任者、事業目的などが公式ページの「特定商取引法に基づく表記」に記載されている点は高評価です。

 

東京都福祉保健局も「健康食品ウソ?ホント?」というパンフレットの中で、製造者や販売者の名前などの連絡先をチェックするよう呼びかけています。

 

事業者が食品の品質や安全性について、利用者に対して責任を持って対応することを示すもの
引用元:健康食品ウソ?ホント?

 

また公式ページにQ&Aを設けることで、利用者が疑問に思いやすいことの説明を行っており、参考になります。

 

どうして中高生向けに作られているのか?

中高生

プラステンアップが中高生向けに作られている理由ですが、中高生という成長期のラストスパートの時期では「栄養」が身長を伸ばすのに最も重要なポイントと考えているからです。

 

遺伝は成長に大きく関わっているというイメージがあります。しかし、実際は20%〜30%程度しか影響しないという説もあり、その場合、子供の成長を遺伝任せにすることはできなくなります。

 

また中高生とその年齢以下の子供では必要とする栄養量が異なるという側面もあります。そのため、中高生には中高生専用の栄養量にしなければ、体の成長が期待できないわけです。

 

プラステンアップはそれらのニーズに対応するために作られています。

 

ノーベル賞受賞学者の栄養理論に基づき栄養素を配合

ノーベル賞受賞学者というのはライナス・ポーリング博士のことです。

 

ライナス・ポーリング博士とは?

ライナス・ポーリング博士は化学や生物、医療など、多方面の研究を行ってきた人物であり、2回のノーベル賞を受賞した20世紀の天才生物学者です(参照:みゆきクリニック)。その著書では「ミネラル不足が不健康や疾患に繋がる」といった旨のことを書いています。

 

この考えをもとにするとサプリメントに一番配合しなければならないのはミネラル成分ということになります。そのため、プラステンアップには豊富なミネラルが配合されているのです。

 

またライナス・ポーリング博士は分子栄養療法という理論も発案しており、プラステンアップではそれに従って栄養をバランスよく補給できるようにしています。

 

吸収率にとことんこだわった製造!栄養をもれなく吸収!

吸収率

いくらノーベル賞受賞学者のライナス・ポーリング博士の栄養理論通りの配合ができたとしても、それぞれの栄養素が吸収されなければ意味がありません。

 

そこでプラステンアップに配合されているアミノ酸ははじめから単独の状態になっています。栄養素を単独の状態にすることで、吸収を無駄なくスピーディーに行えるようにするのです。

 

たとえば体の成長に必要なアミノ酸であるアルギニンは肉類の食材に含まれていますが、肉類の食材の吸収にはどうしても時間がかかり、アミノ酸が吸収されるまでに10時間程度は必要です。これではたくさんのアミノ酸の吸収が必要な中高生の体のサイクルに間に合いません。

 

【体験談】息子が実際に購入して飲んでみた商品レビュー

プラステンアップ

ここからは私の子供がプラステンアップを購入して飲んだ3ヶ月間の体験談になります。包み隠さず全てを公開したいと思います。

 

うちの息子は中学生ですが、そもそも「ちゃんと飲み続けられるのか」が心配でした。飲み続けられなければ効果が出るものも出ないわけです。

 

しかし、その不安は杞憂に終わり、息子は最初飲んだ時も抵抗なく、今でもえらいもので、自らプラステンアップを飲んでいます。これもプラステンアップが中高生でも続けられるような工夫を凝らしているおかげでしょう。

 

飲みやすさはどうか?味、ニオイはない?

プラステンアップはすっきりレモン味ということもあり、息子は「飲みやすい」と言っています。

 

レモン味といっても強烈な酸味があるわけではないので、酸っぱいのが苦手な人でも問題ないと思います。柑橘系のジュースが好きならゴクゴク飲み干せるレベルです。またニオイはほとんどありませんが、レモンの香りが軽くします。

 

粉を溶かして飲むタイプなので、粉が苦手だとしっかりと溶かした方が飲みやすいはずです。私のうちでは水の量を増やしたり、入念にかき混ぜるなどして調整しています。最初、息子は「少し粉っぽさを感じる」と言っていました。

 

日によっては牛乳やジュースなどで割って味を変えるようにしています。

 

実際に3ヶ月試してわかった効果とは?

プラステンアップ

プラステンアップを3ヶ月試してわかったのは本当に背が伸びるということです。もちろん成長期の子供なので、飲まなくてもいくらかは伸びたでしょうが、それまでよりも成長ペースが上がったのです。

 

それから体の成長以外の面でも効果がありました。たとえば、体調が良くなり、健康になってきたことです。それまでは風邪をひいたり、怪我をしたりすることが多かったのですが、プラステンアップを飲み始めてからそういった問題が少なくなりました。

 

また寝起きが良くなりました。それまでは夜になかなか寝ようとせず、翌朝ギリギリまで寝ているというありさまでしたが、今では自然と早寝早起きができるようになっています。

 

【体験談】1ヶ月目

1ヶ月目はまだ始めたばかりということもありますし、まずは続けることが最優先だったので、それほど効果には期待していませんでした。1ヶ月目でいきなり大きな効果が出たらそれはそれで怖いです。

 

しかし、息子の身長を1ヶ月目の終わり際に測ったところ「1cmアップ」。「1cmくらいなら成長期だし普通にありえるかな?」とも思いましたが、どちらにせよ嬉しいのは変わりません。

 

息子も短期間で身長が伸びてきたということもあって、プラステンアップを飲み続ける意欲が出てきたようでした。偶然にしても良いタイミングで身長が伸びたものです。

 

体調の改善もそれなりに感じていたようです。前より体が軽くなったらしく、元気になったのだとか。

 

【体験談】2ヶ月目

2ヶ月目になると「効果が出たらいいな」と欲が出てきました。実際、1ヶ月目ですでに身長が伸びているわけなので、2ヶ月目にも同じくらいの期待はどうしてもかけたくなります。

 

身長を測ったところ期待通り「1cmアップ」に成功しました。1ヶ月に1cmずつ伸びていけば1年で12cm伸びることになるので、このまま伸びていけば高身長も夢ではありません。

 

このあたりになると体調もはっきりと感じられるくらい良くなったみたいです。1ヶ月目ではプラシーボで一時的に元気になったのではないかという疑いがありましたが、2ヶ月に渡ればそれはプラシーボ以上の効果があるということなのでしょう。

 

【体験談】3ヶ月目

健康食品では3ヶ月目あたりが効果の出る期間の目安にされることが多いですが、プラステンアップも3ヶ月目になってその効果が安定してきたように思います。

 

息子の身長はなんと「2cmアップ」。1ヶ月で2cmアップというのは日本人中高生ではなかなか無いことなのではないでしょうか。

 

この頃になるとすっかり息子の体が頑丈になってきました。体調を崩すことも少なくなりましたし、運動が得意になったようで、学校の体育の授業でも活躍しているほどです。

 

身長や体格が大きくなれば運動で有利になるのは当然ですし、プラステンアップを始めた甲斐があるというものです。

 

身長への効果はあった?3ヶ月で+4cmを達成!

子供の身長が伸びる

これまでの3ヶ月の息子の変化をまとめると、1ヶ月目で+1cm、2ヶ月目で+1cm、3ヶ月目で+2cmという結果です。

 

つまり、3ヶ月合計で+4cmの成果が出ているということ…これは身長が自然に伸びた分を差し引いても、十分に効果が出ていると言っていいと思います。

 

もちろん4ヶ月目から一切身長が伸びなくなったら困るのですが、先に言っておくとそのようなことはありませんでした。プラステンアップでどれだけ息子の身長が伸びるのか、これからも楽しみです。

 

3ヶ月でまったく効果が出ないようであれば買うのをやめようとすら思っていたのですが、そうならずに済んで良かったです。

 

6ヶ月目

6ヶ月目になってもまだプラステンアップの効果は出ているように思います。さすがに始めて3ヶ月目までのように毎月1cm以上伸びるということはありませんでしたが、それでも4ヶ月目から6ヶ月目までの3ヶ月間で1cm伸びました。

 

合計するとプラステンアップを飲み始めてから6ヶ月で5cm伸びていることになります。今まで息子の身長が伸び悩んでいたのが嘘のようですね。

 

体調の方も相変わらず良くなったままです。風邪が流行る時期になってもうちの息子は元気に外で遊んでいます。

 

1年後はどうなったのか?

子供の身長が伸びる

1年後ですが、息子の身長はあれからさらに4cm伸びました。これでプラステンアップを飲み始めてから身長が9cm伸びたということになります。

 

私も息子も大喜び。友達や他のお母さんからも「背が伸びたね」と言われるほどの変化です。プラステンアップを飲まなかった場合、どれくらいの違いがあるのか比べることはできませんが、さすがにここまで伸びることはなかったと思います。

 

息子の身長の伸びをデータでつけていましたが、見事にその効果が現れました。

 

  10歳男子平均身長 息子の身長の推移 身長の伸び
2017年4月 136.4 131.0 -
2017年5月 136.8 131.5 +0.5
2017年6月 137.3 132.8 +1.8
2017年7月 137.7 135 +4
2017年8月 138.2 136.1 +5.1
2017年9月 138.6 136.8 +5.8
2017年10月 139.1 137.2 +6.2
2017年11月 139.6 137.9 +6.9
2017年12月 140.1 138.2 +7.2
2018年1月 140.7 139.1 +8.1
2018年2月 141.2 139.6 +8.6
2018年3月 141.7 140.5 +9.5

(※データ元は厚生労働省の乳幼児カラー「男子の各年齢別の平均身長及び標準偏差」より)

 

息子はすっかりプラステンアップを飲むのが習慣づきました。もともと飲みやすいプラステンアップですが、「若干の粉っぽさ」にも慣れたようで、毎日美味しく飲んでいます。

 

成長期が終わるまでは効果を期待できるので、それまでは欠かさず飲んでくれるといいなと思います。

 

\その効果を試してみる/

プラステンアップ公式サイトをチェック

 

プラステンアップを飲んで得た効果とは?

医師

プラステンアップを飲んで得た効果はもちろん背が伸びたというのもそうなのですが、背が伸びるだけでなく、体格も大きくなってきた点が挙げられます。身長だけがどんどん伸びていっても、ヒョロヒョロに痩せてしまっては何だか逆に不健康に見えてしまうものです。

 

息子の場合、プラステンアップを飲んでから骨が太くなり、筋肉がつくようになりました。もちろん成長期の男の子なので、男性ホルモンが作用しているのだということは分かります。

 

しかし、プラステンアップには男性ホルモンの作用を助ける力があるのではないかと思います。

 

それから副産物のような効果ですが、息子に自信がついたことも挙げられます。男の子はやはり身長が高くて体格も大きい方が「強さ」のあらわれとして自信を持てるものです。

 

自信がつくと性格も活発になり、友達も多くできるようになったみたいです。もともと友達がいないというわけではないですが、プラステンアップを飲んでから周囲から慕われるようになったのだとか。

 

また息子が栄養の大切さに気付いたことも大きな効果です。以前は食事の好き嫌いが激しかったものの、プラステンアップで背が伸びてからはしっかり食事も残さずに食べるようになりました。

 

あくまでサプリメントだが厚生労働省の推奨量は満たせる良いサプリ!

医師

プラステンアップはあくまでサプリメントであり、医薬品とは違って栄養を補給することによって自然に身長を伸ばすことを目的にしています。

 

プラステンアップはしっかりとそのサプリメントの特徴を押さえており、厚生労働省が提供する「食品摂取基準(2015年版・対象年齢15〜17歳)」を満たす栄養素が配合されているのです。

 

特に豊富に配合されているのはビタミン類で、プラステンアップの公式サイトによればビタミンAは推奨量の156.3%、ビタミンEは推奨量の168.9%、ビタミンB1は推奨量の202.5%を摂取することができるようになっています。

 

実際に身長も伸びたのでプラステンアップはおすすめ!

親子

プラステンアップはサプリメントとして優れた栄養成分を配合しているだけでなく、実際にそれらが作用して身長も伸びるので、おすすめできます。

 

栄養が豊富に配合されているサプリメントはたくさんありますが、それは健康を向上させることを目的としており、身長を伸ばすわけではありません。その点、プラステンアップは健康が向上し、なおかつ身長も伸ばせるという一石二鳥のメリットがあります。

 

もし子供の身長が伸びなくて困っているということであれば、プラステンアップを1度試してみるといいかもしれません。確実に効果が出るとは限りませんが、何もしないよりはましです。

 

プラステンアップ公式サイトをチェック

 

プラステンアップは何歳から何歳まで飲むのが効果的?【対象年齢】

プラステンアップは中高生を対象としたサプリメントなので、中高生になる年齢から中高生を卒業する年齢まで飲むのが一番効果的な飲み方です。

 

中高生になる年齢は中学1年生なので、12歳〜13歳、中高生を卒業する年齢は高校3年生なので、17歳〜18歳となります。となると基本的には12歳〜18歳の間にプラステンアップを飲むのが良いということになるでしょう。

 

ただし、個人差も考慮しなければいけません。身長が伸びる時期が早い子供であれば早めに飲み始める方がいいですし、逆に身長が伸びる時期が遅い子供であればその分、長く飲み続ける必要があります。

 

プラステンアップは何歳から始めるべき?成長期との関係性

プラステンアップは遅くても14歳からは始めるようにしておきたいところです。なぜかというと、このあたりの成長期の年齢になると急激に身体の成長に必要な栄養量が増えるからです。

 

たとえば身長を伸ばす土台となるカルシウムは6歳の場合、600mg程度が必要量ですが、14歳の場合、その1.5倍の900mg程度が必要になります。同じく身長に関わっている亜鉛は6歳の時は5g程度、14歳の時はその2倍の9g程度が必要です。

 

プラステンアップはこの14歳以降の時の必要栄養量に合わせて作られているので、始めるのが早すぎると過剰な栄養になってしまいますし、始めるのが遅すぎると食生活によっては栄養不足になってしまいます。

 

成長期とは?男女別に徹底解説!

赤ちゃんが生まれた時の身長は大体50cm程度で、1年後には70〜80cm程度まで伸びます。さらにそこから数年かけて2倍程度まで身長が伸びていくのですが、この急激な成長期間を「第1次性徴期」といいます。

 

「第1次性徴期」を終えると一旦、成長の勢いは落ちます。しかし、「第2次成長期」に入ると再び急激な成長が始まります。

 

「第2次性徴期」に入る時期は個人差がありますが、男子では9歳〜13歳、女子では7歳〜11歳あたりに始まります。

 

成長期はこの「第1次性徴期」と「第2次性徴期」のことを指しますが、実際には「第2次性徴期」の方だけを指す時に使われることが多い言葉です。

 

身長が伸びる原理を徹底解説

 

身長が伸びる原理が分かれば、自ずと身長を伸ばすための方法も分かってくるものです。そういった方法を実践し、逆に身長が伸びるのに悪影響を及ぼすことを避ければ、子供の身長を大きく伸ばしていくことも可能です。

 

身長が伸びる原理には骨の成長が大きく関わっています。骨が成長すればその分、頭からつま先までの各部位の骨が長くなるので、身長も自然に伸びていくわけです。

 

しかし、その骨が成長するのにもまた様々な別の要素が関わっています。それらの要素をすべて把握しなければ身長が伸びる原理を理解したことにはならないでしょう。

 

身長が伸びるメカニズムとは?

 

成長期にいる子供の骨には「骨端線」というものがあります。骨端線は骨の関節にある骨端と骨幹の境目の線のことです。成長期が終わった大人にはこの線はありません。

 

骨端線は軟骨組織でできており、骨端は骨芽細胞と破骨細胞でできています。骨芽細胞は骨を新しくつくる細胞で、破骨細胞は古くなった骨を分解する細胞です。

 

成長期の間は骨芽細胞が活発に活動しており、骨端線の軟骨組織が栄養素を吸収し、細胞が増殖することで軟骨から硬い骨に姿を変えます。軟骨から硬い骨に置き換わった分だけ全体の骨が長くなり、身長が伸びるわけです。

 

成長期が終わって身長が伸びなくなるのは骨端線のすべての軟骨組織が硬い骨に置き換えられ、それ以上新しい骨が作れなくなっているからなのです。

 

骨端線と成長ホルモンの関係性

 

骨端線の軟骨組織が硬い骨に変わるためには成長ホルモンの働きが必須です。

 

そのメカニズムですが、まず視床下部から成長ホルモンを放出するためのホルモンが下垂体に運ばれます。すると下垂体から成長ホルモンが分泌され、血液に入って体の各器官に届けられます。

 

体の各器官は成長ホルモンが届けられるとインスリン様成長因子を作りだします。このインスリン様成長因子が軟骨組織の細胞分裂を促し、硬い骨に置き換えているのです。

 

このメカニズムの一部分でも正常に行われなければ、当然ながら子供の骨の成長が遅れる原因になります。そのため、身長を伸ばすには成長ホルモンを正常に分泌させることを考えなくてはいけません。

 

親からの遺伝について!実は遺伝はほとんど関係ない!

 

身長は親からの遺伝にほとんど関係しないことは、これまでの日本人の平均身長の推移を見てみれば分かります。

 

厚生労働省が平成25年に出した「国民健康・栄養の現状」という報告によれば、1950年〜2010年の60年間で、男子は147.3cmから165.1cmに、女子は146.6cmから156.4cmに平均身長が伸びています(男子は17.8cmアップ、女子は9.8cmアップ)。

 

もし親からの遺伝で身長の大部分が決まってしまうのだとすれば、近年におけるこの急激な平均身長の変化は不自然です。そのため、身長は遺伝よりも別の要素によって伸び率が変わると考えなければなりません。

 

生活習慣「運動」運動は身長に関係するのか?

 

身長を伸ばしたければスポーツをした方がいいというイメージがありますが、実際にはそこまで激しい運動をする必要はありません。

 

確かにスポーツ選手で活躍している人は高身長が多いです。しかし、それはもともと身長が高い人に過ぎず、スポーツをしていたから高身長になったわけではありません。

 

運動は成長ホルモンの分泌を促すので、まったく無関係というわけではなく、適度な運動は行うべきです。健康にも良いですし、休み時間や放課後などは積極的に運動させるといいでしょう。もちろん部活動や体育の授業でも適度な運動になります。

 

生活習慣「睡眠」成長ホルモンとの関係性

 

成長ホルモンは睡眠中に一番分泌されるようになっています。「寝る子は育つ」といいますが、まさにその通り、子供は寝ている間に身長が伸びているわけです。

 

以前は特に夜ふかしせずに早寝早起きするのが最も成長ホルモンが分泌する睡眠法といった情報が溢れていました。しかし、近年では寝る時間帯は関係なく、睡眠に入ってから3時間後に成長ホルモンが多く出るという考え方が主流になってきています。

 

だからといって子供に夜ふかしさせていいというわけではありませんが、子供の身長を伸ばすためには「寝る時間帯」よりも「睡眠の質の向上」の方を重視した方がいいのです。

 

生活習慣「栄養」平均身長に最も影響を及ぼす普段の栄養摂取について

 

近年、日本人の平均身長を伸ばすきっかけとなった「栄養摂取」ですが、運動や睡眠と比べるとどのように生活に組み込めばいいのか分かりづらい問題があります。

 

なにしろ運動は適度に体を動かせばいいですし、睡眠はぐっすり寝られればいいので、何をすればいいのかが明確に分かります。一方、栄養摂取に関しては「バランスよく摂取する」ということしか分かりません。

 

栄養をバランスよく摂取するといっても、具体的にどのような食事をどれだけ食べればいいのかが分かっていなければ実現することはできないわけです。

 

普段の栄養摂取で気をつけたいのは品数を増やすことです。主食、おかず、副菜の3品は必ず押さえておき、果物、乳製品の2品を加えれば完璧です。そのため、基本は「5品」のメニューを意識する必要があります。

 

栄養は身長を伸ばす役割のある成長ホルモンの分泌を促しますし、成長ホルモンの働きを高め、さらに成長ホルモンが作用して体が大きくなる時の筋肉、骨、臓器の素材にもなります。

 

こういった多方面から身長を伸ばすのに貢献しているため、栄養は日本人の平均身長に最も影響を及ぼしているのです。

 

戦後60年間で平均身長が伸びた要因は「栄養」に隠されていた!

戦後60年間で日本人の平均身長は男子は17.8cm、女子は9.8cm伸びていますが、その要因のほとんどは「栄養」にあります。なぜ栄養かというと、他の点で今の日本人が昔の日本人に勝っていることがないからです。

 

たとえば睡眠ですが、総務省統計局の調査によれば、1995年〜2015年の間に10代の日本人の平均睡眠時間はほとんど変わっていません。

 

それから運動ですが、文部科学省の調査では科学技術の発展により、今の子供は家事や遊び、スポーツなどで体を動かす機会が昔よりも減っているという見解を出しています。

 

一方、栄養に関しては社会が豊かになり、食文化も多様になった今の子供の方が多く摂取しているのは間違いないでしょう。

 

成長に欠かせない栄養素「たんぱく質」「ビタミン」「亜鉛」、そして「カルシウム」について

具体的に子供の成長に欠かせない栄養素にはたんぱく質、ビタミン、亜鉛、それからカルシウムの4つが挙げられます。

 

これらだけを摂取すればいいというものでもないのですが、成長期には特に意識して子供に摂取させてあげる必要があるでしょう。

 

ちなみに食事でとる場合、たんぱく質は肉・大豆、ビタミンは野菜・フルーツ、亜鉛は内臓・魚介類、カルシウムは魚・乳製品などから摂取できます。

 

昔はこういった食材は手に入りにくかったですし、サプリメントなどもなかったので、子供が成長しなかったのも当然です。

 

たんぱく質とは?どういった栄養成分なの?子供の成長との関係性は?不足するとどうなる?

たんぱく質は三大栄養素(他に炭水化物、脂質がある)の1つで、筋肉、臓器、骨、さらにはホルモン等の素材になることに加え、エネルギーとしても利用できる栄養成分です。

 

たんぱく質は複数のアミノ酸が集まり形成されています。たんぱく質を摂取すると、アミノ酸やペプチド(アミノ酸が結合したもの)に分解され、体内に吸収されてから、それらが再びたんぱく質への形成に使われるのです。

 

子供の成長との関係性は筋肉、臓器、骨の素材になることで身長や体格を大きくさせる役割があります。いくら体の方が大きくなろうとしても、その素材がなければ大きくなりようがありません。

 

それからホルモンの素材になることで成長ホルモンを多く作り出す作用もあります。このため、たんぱく質は単体で子供の成長に相乗的な影響を及ぼす栄養成分といっていいでしょう。

 

たんぱく質が不足すると筋肉量が減ったり、肌・髪に不調が出たり、集中力が落ちたりします。

 

ただし、摂りすぎるのも問題です。特にたんぱく質は肉から摂ることが多いので、肉を食べ過ぎると脂質も摂りすぎてしまいます。そのため、たんぱく質だけをうまく摂取するコツが必要です。

 

ビタミンとは?どういった栄養成分なの?子供の成長との関係性は?不足するとどうなる?

 

ビタミンは人間の体の調子を整える作用を持つ有機化合物を指します。多くのビタミンは人間の体内で十分に合成できないようになっているので、必ず食べ物などで外部から摂取する必要があります。

 

ビタミンはA、B、Cなど、様々な種類に分かれていますが、中でも子供の成長と関係しているのは「ビタミンD」です。

 

ビタミンDは骨の形成をサポートしたり、骨の成長に欠かせないカルシウムなどのミネラル吸収を促したりする働きがあります。そのため、ビタミンDを摂取することは骨の成長による身長アップに役立つのです。

 

ちなみにビタミンDは紫外線を浴びることで体内で合成される性質を持ちます。毎日学校に通っている子供であれば、自然に日光を浴びることになるので、紫外線による合成量については問題ありません。

 

ビタミンDが不足すると骨が弱くなります。そのため、骨折しやすくなったり、骨の病気になりやすくなったりします。

 

特に子供の場合、くる病のリスクが高まります。くる病とは、ビタミンD欠乏症の1つで、骨が石灰化により変形してしまう病気のことです。

 

亜鉛とは?どういった栄養成分なの?子供の成長との関係性は?不足するとどうなる?

亜鉛はミネラルに分類される栄養成分で、内臓や骨、筋肉といった各部位に存在し、味覚を助けたり、粘膜や皮膚の調子を整えたりする働きがあります。

 

子供の成長との関係性ですが、亜鉛の酵素をサポートし、成長ホルモンの分泌を促進させる働きが大きく関わっています。

 

実際に高身長の人と低身長の人の体内亜鉛量を比べたところ、高身長の人の方が多かったという研究結果もあります。

 

酵素は消化や呼吸、思考など様々な身体の機能を助ける力があるので、成長ホルモンに限らず生命活動全般に大きく貢献するものです。

 

亜鉛の不足は味覚障害を招きます。味覚を担っている細胞はめまぐるしく入れ替わっているのですが、亜鉛が足りないと新陳代謝がうまく行われず、味を感じにくくなります。

 

亜鉛は食事で摂りすぎるというようなことはほとんどないため、なるべく積極的に摂取するといいでしょう。ただし、亜鉛が高配合されているサプリメントの場合は飲みすぎると亜鉛過剰摂取の可能性があるので、気をつけなければなりません。

 

ちなみに亜鉛を過剰摂取すると他のミネラルの吸収を抑制したりする問題が起きます。

 

カルシウムとは?どういった栄養成分なの?子供の成長との関係性は?

カルシウムはミネラルの一種で、あらゆる生命活動を補助する役割があります。ミネラルの中でも体内に存在する量が多く、大人の体にはなんと1kg程度も存在しています。

 

子供の成長との関係性ですが、カルシウムは骨が成長する時の素材になる特徴があります。魚の骨を食べるとカルシウムをたくさん摂取できますが、それは骨にカルシウムが豊富に含まれているからなのです。

 

それ以外にもカルシウムには神経の働きを安定させたり、筋肉を収縮させたり、アレルギーを抑えたりと、様々な機能があります。特に子供が元気よく運動するためには不可欠な栄養成分です。

 

カルシウムは食事で摂った場合、胃で消化され、小腸で吸収されます。その後、血液を通し、骨に貯蔵されます。体内のカルシウム量が少なくなるとそれを補うために骨を溶かし、血液にカルシウムを補給させる働きもあります。

 

カルシウムは細胞内と細胞外に一定の割合で存在しています。この比率がしっかり守られている状態でなければ、カルシウムは正常に生命活動を補助することができません。

 

成長期にカルシウムが不足するとどうなる?悪影響を解説!

 

成長期にカルシウムが不足すると、骨に貯蔵されているカルシウム量が少なくなり、骨を弱くします。

 

骨が弱くなるとぐんぐん伸びようとしている体の成長を阻害する可能性がありますし、骨折や骨の病気も招きやすくなるでしょう。

 

たとえば、骨が石灰化して変形するくる病は、ビタミンDだけでなくカルシウム不足によっても引き起こされます。カルシウムは骨の成長だけでなく、骨自体の健康にも関わりが深い栄養成分なのです。

 

特にO脚やX脚などで脚の骨が曲がってしまうと、曲がった分だけ身長が下がってしまいます。せっかく骨自体が長くても、身長が高くならなければ意味がないので、骨をまっすぐ伸ばすためにもカルシウムは必要です。

 

4-3-14.特に成長期に不足しがちなカルシウム!厚生労働省が発表しているカルシウムの推奨量は1日「1000mg」

 

12〜14歳の男子の場合ですが、厚生労働省が発表しているカルシウムの推奨量は1日「1000mg」です(必要量は850mg)。

 

この推奨量はすべての性別・年齢の中で最も高い数値となっているので、よほど意識して摂取しなければ不足してしまいます。

 

男女に限らず、カルシウムは12〜14歳になるまで徐々に摂取量を増やし、その先の年齢から摂取量を減らしていくのが理想的な摂り方です。

 

ちなみに女子の場合は12〜14歳の推奨量は800mg、必要量は700mgとなります。上限量については男女ともに18歳になるまでは設定されていません。

 

高校生の年齢である15〜17歳の場合、男子の推奨量は800mg、必要量は650mgで、女子の推奨量は650mg、必要量は550mgとなっています。ちなみにこれ以降の年齢は男女ともに推奨量、必要量がほとんど変わりません。

 

必要量を満たせていればカルシウム不足で健康に悪影響が出ることはありませんが、やはり子供の身長を最大限伸ばすことを考えるなら、推奨量を満たすべきでしょう。

 

統計では1日で343mg不足する!343mgの不足分を補う「465mg」をプラステンアップは配合!

厚生労働省の統計では、現代の子供は推奨量と比べて1日で343mg程度カルシウムが不足しています。もちろんこれは平均での栄養摂取量の話なので、家庭によって実際の摂取量は違います。

 

しかし、平均してこれだけカルシウム摂取が不足しているということは、子供が普段から十分な量のカルシウムを摂っている家庭はほとんどないといってもいいでしょう。

 

プラステンアップにはカルシウムが465mg配合されています。平均343mgの不足に対して465mgの補給ができるということなので、合計して+122mgの余裕ができることになります。

 

これだけ摂取することができるのであれば、よほど他の食事でカルシウムを摂っていないというわけでなければ、子供のカルシウム摂取量が不足することはないはずです。

 

子供の学校で給食が出る場合は牛乳や魚が出ることが多いので、そこからある程度カルシウムを摂取することもできます。もちろん給食を残さないことが前提となるので、好き嫌いのない子供ほど有利になります。

 

何歳まで飲むの?プラステンアップは成長期が終わるまで飲むべき!

プラステンアップは成長期が終わるまで飲まなくてはなりません。なぜかというと、成長期途中でプラステンアップを飲むのをやめてしまうと、それ以降の栄養による身長サポートができなくなるからです。

 

男子の場合は17〜18歳、女子の場合は15〜16歳が平均して成長期が終わる年齢ですが、近年は生活習慣の多様化から個人差が大きく出るようになっています。

 

そのため、男子は17〜18歳、女子は15〜16歳でぴったり飲むのをやめるよりは、20代前半まで飲み続ける方が間違いがないといえます。特に男子の場合、25歳まで身長が伸び続けるケースもあります。

 

4-5.大学生や大人が飲んでもプラステンアップは効果なし?

 

プラステンアップは中高生向けのサプリなので、大学生や大人が飲むことは想定されていません。そのため、効果が出るかどうかは分かりませんが、絶対に効果がないともいえません。

 

なぜかというと、骨端線が残っていれば大学生や大人でも身長が伸び続ける可能性があるからです。身長が伸びるかどうかはすべてこの骨端線の有無にかかっているので、骨端線が残っていればプラステンアップを飲む意味はあります。

 

骨端線は骨をレントゲンにとって確認することができますが、わざわざとらずとも大学生や大人になってから1cmでも身長が伸びていればまだ残っているといえるでしょう。

 

5.プラステンアップの正しい飲み方!効果的に飲む秘密の方法とは?

 

プラステンアップは公式で細かい飲み方が指定されていません。というのも、プラステンアップは医薬品ではなくサプリなので、飲むタイミングを指定する必要がないからです。

 

公式ページのQ&Aでは「特に時間は決まっていないので、食事の後やおやつ代わりなど、飲みやすいタイミングで召し上がってください」という内容が記載されています。

 

そのため、実際にはどのタイミングでも悪いということはないのですが、なるべくプラステンアップの効果を引き出すためには飲み方を考える必要があります。

 

5-1.効果的に飲むならタイミングが重要!時間はコレがおすすめ!

 

プラステンアップを飲むタイミングで正しいのは夕食後から寝るまでの間です。なぜこの時間帯がいいかというと、ちょうど睡眠時の成長ホルモンが出ている時に体に栄養を与えることができるからです。

 

朝や昼の間にプラステンアップを飲むとそれはそれで栄養摂取ができ、日中の活動に良い影響を与えられるのですが、就寝するまでにはその栄養を体が使い切ってしまいます。

 

せっかくプラステンアップには食事ではなかなか摂ることのできない豊富な栄養素が配合されているわけなので、身長が伸びる「ここぞ」という時に飲むのがおすすめです。

 

5-2.成長ホルモンの分泌が最も多くなる時間帯とは?いわゆる就寝中の「ゴールデンタイム」

 

成長ホルモンの分泌が最も多くなる時間帯は、就寝してから3時間後の「眠りが深くなった時」です。この時間帯は就寝中の「ゴールデンタイム」といえるでしょう。

 

眠りが深いほど成長ホルモンの分泌は良くなるので、ゆっくり入浴したり、ホットミルクを飲んだり、ちゃんと電気を消して寝たりと、熟睡するための工夫はなるべく凝らすべきです。

 

ちなみに「何時〜何時に寝た方が成長ホルモンの分泌が多くなる」ということはないので、無理に早く寝ようとする必要はありません。眠くもないのに寝ようとすると、逆に目が冴えて眠れなくなる可能性があります。

 

5-3.寝る前に飲むと虫歯になる?歯磨きは忘れないで!

 

成長ホルモンの分泌が多くなるゴールデンタイムを考えると、プラステンアップを飲むのに最もいいタイミングは「寝る直前」と一見思いがちです。

 

しかし、実はプラステンアップの原材料の中で最も多く使われているのは砂糖なのです。なので、寝る直前にプラステンアップを飲むと虫歯の原因になります。

 

そうするとできるだけギリギリにプラステンアップを飲む場合、タイミングとして適切なのは「歯磨きの前」ということになります。もちろんその場合は砂糖をとったばかりなので、歯磨きを念入りに行うようにしましょう。

 

また栄養素を吸収しないうちに眠ってしまうのは体の消化器官によくありません。そのため、プラステンアップを飲んでからある程度時間を経たせてから就寝するのがいいでしょう。

 

6.プラステンアップの原材料の主成分から得られる栄養成分と効果、特徴について

 

プラステンアップには様々な原材料が採用されています。それらの主成分は子供の栄養成分の摂取に役立ちますし、そこから生まれる効果を活かすこともできます。

 

特にプラステンアップの成分を代表するものには「吸収にこだわったカルシウム」や「身長アップに効果的なアルギニン」、「17種類のアミノ酸」などが挙げられます。

 

プラステンアップの魅力を知るには、これらの成分の特徴を知る必要があるでしょう。またプラステンアップはただこれらの成分を配合するだけでなく、成分がその力を最大限発揮するような工夫を凝らしています。

 

6-1.カルシウムの吸収にこだわる(厚生労働省の推奨量をクリア)

 

カルシウムはもともと非常に吸収率が低い栄養です。そのため、食事でカルシウムの含まれる食品をしっかり摂っていたとしても、意外とカルシウム自体はそれほど吸収されていないという事態も多くあります。

 

カルシウムが摂れる食品には乳製品や海藻、野菜などがありますが、これらの食品では吸収率が50%を超えることはほとんどありません。

 

ではどうすればいいかというと、カルシウムの吸収を助ける栄養を一緒に摂るのが一番です。たとえばビタミンDやマグネシウムなどがその栄養に挙げられます。

 

プラステンアップはカルシウムとともに上記のような栄養素も一緒に配合することで吸収効率を向上させています。こういった工夫があるからこそ、厚生労働省の推奨量をクリアするサプリになっているわけです。

 

6-2.身長に効果的な成分「アルギニン」を配合

 

プラステンアップには条件付必須アミノ酸である「アルギニン」が含まれており、カルシウムとともに子供の身長を伸ばしてくれます。

 

必須アミノ酸とは人間にとって重要な栄養であるものの、体内で合成できないため外部から摂取しなければならないアミノ酸のことです。

 

アルギニン自体は体内で合成することができるのですが、成長期においては大量のアルギニンを必要とするので、体内で合成される分だけでは足りません。これが「条件付必須アミノ酸」である理由です。

 

ちなみにプラステンアップは同じアルギニンでも高品質な「L-アルギニン」を使っているので、吸収効率が高い特徴があります。

 

6-3.アミノ酸を17種類配合

 

プラステンアップは「複数のアミノ酸をバランスよく摂取するべき」という栄養理論に即したアミノ酸配合を採用しています。

 

たとえば、2〜3種類のアミノ酸を摂取したとしても、それ以外のアミノ酸をまったく摂取していなければ有用には働かないというのがこの栄養理論の考えです。

 

17種類ものアミノ酸を配合しているというだけでも驚きですが、プラステンアップはそれだけにとどまらず、それぞれのアミノ酸の配合量にもこだわっています。

 

こうしたベストバランスのアミノ酸が入っているからこそ、プラステンアップは身長を伸ばせるのです。

 

ちなみに「複数のアミノ酸をバランスよく摂取するべき」という栄養理論は「ミネラル不足が体の不調を招く」と主張したノーベル賞受賞者ライナス・ポーリング博士によるものです。

 

6-4.α-GPC

 

プラステンアップには近年、世界中で注目されている栄養素材である「α-GPC」も配合されています。大豆からとれる素材であり、母乳にも含まれる特徴があります。

 

赤ちゃんが母乳を飲んで体が急速に成長するのは、このα-GPCが作用するからだという説があります。

 

α-GPCは赤ちゃんだけでなく、成長期のラストスパートである中高生の体にも影響を及ぼします。体の成長を積極的に促すほか、体の成長を阻害する要因を排除してくれるのです。

 

α-GPCはもともと医薬品に使われていたほどの強力成分です。2006年に厚生労働省によって食品成分の認可が出され、サプリメントにも使えるようになった背景があります。

 

6-5.WHO(世界保健機構)も認める「スピルリナ」を配合

 

それからスーパーフードである「スピルリナ」が配合されています。これは50種類以上の栄養が含まれる食品で、WHOが理想的な栄養補助食品だと推奨しています。

 

しかもただ栄養が豊富なだけでなく、スピルリナは吸収効率も高いというメリットがあります。その吸収率はなんと95%となっており、スプーン1杯を摂るだけで野菜1日分の栄養摂取になるというほどです。

 

野菜は特に中高生の子供だと嫌いやすい食べ物ですし、野菜の栄養が足りていないケースも多いでしょう。その点、スピルリナはビタミンやβカロテン、鉄分などの栄養が豊富に含まれているので、野菜代わりになります。

 

6-6.睡眠をサポートする休息ハーブ「クワンソウ」を配合

 

「クワンソウ」は沖縄に伝わるハーブの一種です。沖縄では休息がうまくとれない時に食べるといいとされているもので、中高生の子供の睡眠をサポートしてくれます。

 

近年の中高生は生活リズムが乱れている傾向があります。生活リズムが乱れると寝ようと思っても寝られず、朝まで起きていたり、質のいい睡眠をとれなかったりすることが多いです。

 

「クワンソウ」はそういった中高生の生活リズムを整えるのに役立つので、睡眠中の身長アップをしっかりと促すことができます。ちなみに「クワンソウ」は睡眠系のサプリの原材料にもよく使われます。

 

6-7.その他にも成長期の子供が1日に必要とする栄養素を不足なく配合

 

プラステンアップはその他にも成長期の子供が不足しがちな必要栄養素を配合しています。子供向け成長期応援サプリには様々なものがありますが、プラステンアップはそれらを凌駕する成分量により、効果の実感を生んでいるのです。

 

たとえば公式サイトの「子供向けSサプリ」と「プラステンアップ」の比較では、ビタミンEは前者は6.284mgのところ、後者は12.568mgとなっています。

 

それからビタミンB1では前者は1.296mgのところ、後者は2.592mg、ビタミンB2は前者は0.79mgのところ、後者は1.58mgというように、どの成分もプラステンアップは2倍の成分量です。

 

6-8.栄養成分から得られる子供の成長への効果とは?

 

これらの栄養成分は主に体を形成する材料になることと、成長ホルモンの合成や分泌を促すことの2通りから、子供の成長へ効果を与えます。

 

たとえばα-GPCは成長ホルモンの分泌量を促進する作用があります。クワンソウもそれ自体が成長ホルモンの分泌を促すわけではありませんが、良質な睡眠をサポートすることで睡眠中の成長ホルモンの分泌を促し、間接的に子供の成長へ効果を与えます。

 

ちなみに栄養成分によっては、体を形成する材料になることと、成長ホルモンの合成や分泌を促すことの両方の効果を持っていることもあります。

 

7.アルギニンと成長の関係性

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す作用を持っています。これは医療界でも認められていることであり、様々な健康効果を持つアルギニンは病院の治療でも活躍しています。

 

またアルギニンは脂肪を抑制する作用があります。近年では食の多様化により、中高生で肥満になることも珍しくありませんが、肥満は成長ホルモンが分泌しにくくなる原因になります。太っていると横には大きくなっても縦には伸びないのです。

 

それからアルギニンは疲労回復をサポートします。アスリートもこの効果のためにアルギニンを利用することがあるほどで、子供が活発に運動できるようになることで、間接的に成長ホルモンを促します。

 

7-1.アルギニンは安全?摂取しても危険性はないの?

 

アルギニンはそもそも人間の体にとって欠かせないアミノ酸ですし、安全な栄養成分です。摂取しても危険性はまったくありません。

 

アルギニンは医薬品や添加物など幅広い分野で使われていますが、それらの利用から安全性が疑われる問題が起きたことも特にないのです。

 

通常、人間がアルギニンを食品から摂取する場合、たんぱく質に含まれているものをとり込むことになります。

 

そうして摂取したアルギニンは細胞の代謝で常に消費されるので、体内に蓄積することもありません。そのため、アルギニンの過剰摂取による害のリスクもほとんどないといっていいでしょう。

 

7-2.経口摂取だと意味がない?子供の学会はそう明言している

 

一般社団法人の日本小児内分泌学会の公式サイトでは、アルギニンを経口摂取しても身長を伸ばす効果はないという見解を出しています。

 

どういうことかというと、アルギニンは確かに医療界で成長ホルモンを分泌させる目的で使われていますが、その際、点滴で直接血管に投与されているのです。

 

しかし、サプリに配合されているアルギニンは経口摂取になるので、当然ながら医療界で用いられる方法とは違い、消化器官で消化・吸収されてから成分が血液に入ることになります。

 

消化器官で消化・吸収された場合、吸収率や代謝などの問題によって血中のアルギニン濃度はそれほど上がらないのではないかというのが学会の考えです。

 

7-3.あくまでアルギニンはメインではない!

 

日本小児内分泌学会による「アルギニンの経口摂取での効果」に関する見解が正しかったとしても、それでプラステンアップに身長アップ効果がないという話にはなりません。

 

というのも、アルギニンはプラステンアップのメイン成分ではないからです。メイン成分でないということは、たとえアルギニンがまったく効果を発揮しなかったとしても他で補えるということになります。

 

それにまだアルギニンの効果が絶対にないと決まったわけでもありません。ほんの少しでも身長に良い影響を与えるのだとすれば、アルギニンには十分にサブ成分として飲むだけの価値があります。

 

7-4.プラステンアップのメインはカルシウム!その他の栄養素や成分はサブで考えよう!

 

プラステンアップのメイン成分はカルシウムです。それ以外の栄養素や成分も、もちろん子供の健康や身長にいい影響を及ぼすとして配合されているのですが、それらはあくまでもサブの成分として考えておきましょう。

 

特に加工食品が溢れている現代では子供がカルシウム不足に陥りやすい問題があります。というのも、スナック菓子やインスタント食品などの加工食品にはカルシウムの吸収を阻害するリンが多く含まれているからです。

 

そのため、成長期の子供には加工食品をできるだけ食べさせないようにし、なおかつカルシウムを多く摂取させることを意識する必要があります。

 

8.危険な成分や添加物はない?副作用の心配は大丈夫?

 

プラステンアップを子供に飲ませる前に成分や添加物、副作用などについて確認を済ませておきましょう。子供の健康を促進させるつもりで与えたサプリが逆に害になってしまっては本末転倒です。

 

といってもプラステンアップは安全に配慮されたサプリなので、基本的には危険な成分や添加物はありませんし、大きな副作用の心配もありません。大抵の場合、特に気にしなくても問題は起こらないはずです。

 

ただし、プラステンアップには原材料に大豆、ゼラチン、乳が使用されているので、それらのアレルギーを子供が持っている場合は気をつけなければいけません。

 

8-1.主成分の危険性は?

 

主成分のカルシウムは多量に摂っても基本的に問題はありませんが、あまりに多く摂りすぎると危険性が出てきます。たとえば、リン酸やマグネシウムといった他の栄養素の吸収が抑制されるおそれがあります。

 

それから排出器官に結石ができることがあります。結石は一般的にカルシウム不足でリスクが高まるとされているものですが、過剰摂取でもリスクを高めるのです。

 

またミルクアルカリ症候群のリスクを高めます。ミルクアルカリ症候群はカルシウムを摂りすぎて排出が追い付かなくなった状態です。この状態になると高カルシウム血症によって様々な身体の不調を招く原因になります。

 

8-2.添加物による危険性はないのか?

 

プラステンアップの添加物で最も注意すべきなのは砂糖です。中高生向けのサプリなので、プラステンアップには子供が美味しく飲み続けられるように甘味料代わりに砂糖が多く入っています。

 

ただプラステンアップ自体、低カロリーのサプリとなっており、砂糖が多く入っていてもカロリーを摂りすぎることはないように工夫されています。たとえば、高カロリーのジュースを飲むよりはずっとましなはずです。

 

しかし、普段の生活で砂糖を多く摂っていて、なおかつプラステンアップも飲むという場合、砂糖の過剰摂取を警戒しなければいけません。砂糖の過剰摂取は肥満のほか、様々な病気に繋がります。

 

8-3.過剰摂取による副作用について

 

プラステンアップは栄養が豊富なサプリなので、過剰摂取をすると消化器官に負担がかかり、腹痛を起こす可能性があります。そのため、プラステンアップを飲んだ後に腹痛が起きるようであれば飲む量を減らす方がいいでしょう。

 

それから腹痛と似たものですが、下痢が起こる可能性もあります。下痢というほどではなくてもお腹がゆるくなることがあります。ちなみに便秘については心配いりません。

 

また体調が悪い時にプラステンアップを多量に飲むと体調を悪化させる原因になります。体調が悪い時は消化・吸収能力も弱まっているので、栄養の豊富なプラステンアップがむしろ負担となるのです。

 

8-4.とりあえずいっぱい飲むのはNG!用量用法を守って飲もう!

 

いくら子供の身長を伸ばしたいといっても、何の算段もなくプラステンアップを多量に飲むのはやめた方がいいでしょう。

 

たくさん飲んだとしても身長を伸ばす効果は上がらないどころか、逆に効果を薄めたり、健康を損なう原因になります。

 

プラステンアップの1日の目安量は同封されているスプーン1杯分です。この目安量以下であればその日の子供の体調や食事内容に合わせて調節しても問題ありません。

 

たとえば普通の食事でカルシウムが十分摂れていると思ったならスプーン半量で飲むようにするなど、柔軟に対応していくようにしましょう。

 

9.製造工場の安全性は?品質は厳重に管理されているのか?

 

通常、サプリメントは製造工場で生産されます。もちろんプラステンアップも製造工場が決まっており、日々そこで生産されています。

 

そしてサプリメントの安全や品質はその製造工場の管理体制によって左右されるのです。当然、管理体制がいい加減な工場であるほど、サプリの安全性や品質は落ちることになります。

 

そういったサプリを摂取することは心配ですし、場合によっては危険なこともあります。特にプラステンアップは中高生の子供が摂取するサプリなので、親からすればそのあたりはとても気になるでしょう。

 

そのため、プラステンアップを利用する前に製造工場の安全性、また品質は厳重に管理されているのかどうかをしっかり確かめる必要があります。

 

9-1.プラステンアップの製造工場の安全性はどう?

 

プラステンアップの製造工場の安全性は十分にあるといえるでしょう。そのため、そこから生産されるプラステンアップのサプリも、ある程度以上の安全性を維持していることが期待できます。

 

中高生の間、プラステンアップを子供が飲み続ける場合、大体12歳〜18歳の7年間飲むことになります。子供が7年間飲むことを想定しているサプリなら十分な安全性を保つことは当然の義務といえるでしょう。

 

プラステンアップを飲ませることで子供が体調を崩すとすれば身長を伸ばすどころではなくなります。プラステンアップは子供が生き生きと過ごし、なおかつ身長を伸ばせるサプリなのです。

 

9-2.製造基準である「GMPマーク」の取得は?

 

「GMPマーク」とは、一定の安全性・品質基準を満たした製造工程であることを第三者機関が証明するマークのことです。

 

一般社団法人の日本健康食品規格協会、それから公益社団法人の日本健康・栄養食品協会がGMPマークの認定を行っており、申請して審査に通ればこのマークを表示できるようになります。

 

普通サプリメントの公式サイトに行っても、そのサプリのメリットしか書かれていません。自社の製品を消費者にアピールしたいわけなので、それも当然なのですが、消費者からすると不安が残ります。

 

そこでGMPマークの表示があれば客観的に安全性・品質が認められたことになることから、消費者がサプリ選びの参考にできるのです。

 

9-3.プラステンアップはGMPマークの取得なし!それは危険なのか?

 

プラステンアップはGMPマークを取得していません。ということは危険なサプリなのか?という話ですが、実際はそういうわけでもありません。

 

確かにGMPマークはもともと安全基準がなく、信憑性のない広告を出し放題だったサプリ業界を是正するために生まれた背景があります。

 

しかし、それでもGMPマークを取得するかどうかはサプリを販売する企業の自己判断です。どこに出しても恥ずかしくない安全なサプリがGMPマークなしで販売されているケースも多くあるでしょう。

 

そしてプラステンアップはそのケースに当てはまるサプリ製品といえます。

 

9-4.公表している安全性についての取り組み(国内原産、製造は日本国内、放射能・残留農薬・食品分析済み)

 

プラステンアップはGMPマークこそ取得していませんが、安全性について何の取り組みも行っていないわけではありません。

 

公表している安全性の取り組みには「日本国内でサプリを製造していること」、「セシウム分析・残留農薬・食品分析にかけられて厳しい合格基準を満たした原料を使っていること」が挙げられます。

 

サプリにおいて原料の厳選はとても重要です。なぜなら同じ原料を使っていたとしても放射線や農薬などが残留していれば、それを口にする子供の健康に害を与えてしまう可能性があるからです。

 

9-5.子供用の身長サプリの中でも安全性はかなり高い!

 

文部科学省日本食品標準成分表2010で比較すると、プラステンアップの安全性への取り組みは国際基準をすべて満たしているとも公式サイトで公表しています。

 

これが事実だとすれば、プラステンアップは世界レベルの安全性の高さを持ったサプリということになり、子供用の身長サプリの中ではトップクラスの品質だと考えていいでしょう。

 

本来、子供用の身長サプリであるからこそ安全性をできるだけ高めなければならないはずですが、実際には安全性にこだわりを持っている子供用の身長サプリは少ないのが現状です。

 

そのことを考えれば、プラステンアップは貴重な子供用の身長サプリといえます。

 

10.口コミや評判について!悪評はないのか?

 

プラステンアップは有名な子供用の身長サプリなので、口コミや評判が数多くあります。プラステンアップを始めようと思っているのであれば、まずこれらの情報を参考にしてみるのもいいでしょう。

 

ちなみに口コミや評判にはプラステンアップを褒めているものもあれば、その逆の内容もあります。褒めているものばかりだと逆に怪しくなってしまうので、悪い口コミや評判があるのは当然のことだと思うようにしましょう。

 

ちなみに口コミや評判には書き手の主観が入るものです。そのため、何が書かれていたとしても真実かどうかははっきりと分かりません。なので、1つ2つの情報に惑わされないことが大切です。

 

10-1.良い口コミと評判〜その1〜

 

スポーツを行っている人の口コミ評判ですが、スポーツでは体格が重要なので、身長が伸びないことがずっとコンプレックスだったそうです。

 

そんな時にプラステンアップを飲んだところ、身長が伸びて以前よりスポーツで活躍できるようになったとか。部活仲間や家族にも驚かれて今では「バスケをやってみたらどうか」と言われるほどに。

 

バスケは高身長のスポーツなので、この口コミ評判からはよほど身長が伸びたことがうかがえます。

 

10-2.良い口コミと評判〜その2〜

 

兄弟の中で一番身長が低いことを悩みにしていた人の口コミ評判です。「どうして自分だけが…」と取り残された思いをしていた時にプラステンアップに出会ったとのことです。

 

プラステンアップを飲み始めるとどんどん身長が伸びるようになり、他の兄弟たちを抜かすようになったそうです。なんと今では兄弟の中で一番背が大きいのだとか。

 

兄弟というと同じように背が伸びていくイメージがありますが、この口コミからはそういうわけでもないことが分かります。

 

10-3.良い口コミと評判〜その3〜

 

息子さんにプラステンアップを飲ませているお母さんの口コミ評判です。息子さんは野球をやっていて、体が大きくなればレギュラーも目指せると考え、プラステンアップの購入を決意。

 

カロリーが控えめで豊富な栄養が摂取できるのが気に入ったそうです。効果も実感しているようで、毎日プラステンアップを飲むようになってから一回り息子さんの体が大きくなったとのこと。

 

10-4.良い口コミと評判のまとめ

 

良い口コミ評判で多いのは「プラステンアップを飲んでから身長が伸びた」という内容です。身長サプリなので、当然といえば当然ですが、それでも実際にそういった口コミ評判が多いのはすごいことです。

 

それからプラステンアップを飲んでいる中高生の子供本人とその親の両方が満足しているというのも、良い口コミ評判の大きな特徴です。

 

無理やり親が飲ませていたり、逆に子供だけが喜んで飲んでいるという状況はあまりよくないので、好ましいサプリです。

 

10-5.悪い口コミと評判(悪評)〜その1〜

 

悪い口コミ評判についてですが、効果が出るのに時間がかかるというものがあります。始めてから数日では何の変化もなく、1ヶ月経っても大きな成長は見られなかったとのことです。

 

初回購入は安かったため、「とりあえずお試し」という感覚でプラステンアップを始めたようですが、飲み切っても効果が実感できなければ他の身長サプリに替えるつもりとのことです。

 

10-6.悪い口コミと評判(悪評)〜その2〜

 

それから「味が薄い」という口コミ評判があります。味が薄くて子供が飲むのを嫌がり、続けようにも続けられない状態になっているそうです。

 

プラステンアップには多くの砂糖が使われていますが、あくまでもすっきりレモン味なので、子供によっては気に入らないこともあるのでしょう。

 

ただし、この口コミ評判の人は最終的にジュースに混ぜることで、子供に美味しく飲ませることに成功したようです。

 

10-7.悪い口コミと評判(悪評)〜その3〜

 

お腹の弱い子供を持つ親の口コミ評判ですが、「プラステンアップを飲むと子供がお腹を下す」というものがあります。

 

もともと脂っこい食事をとったり、食べ過ぎたりするとお腹を壊すくらい胃腸が敏感な子供のようで、栄養が豊富なプラステンアップを消化するのが難しいとのこと。

 

最近はスプーンで粉末をすくう量を減らして、お腹を下すのをうまく回避しているそうです。

 

10-8.悪い口コミと評判(悪評)まとめ

 

悪い口コミと評判(悪評)をまとめると、基本的にどれも「子供の趣向や個人差」が原因になっていると言えます。これは逆にとらえれば、プラステンアップの品質自体には問題がないということです。

 

それから回避できる手立てがあることが多いのも悪い口コミと評判の特徴です。たとえば口コミでもやっていましたが、味の問題は好みの飲み物で割ることで、下痢の問題は摂取量を減らすことで調整できます。

 

10-9.総括、口コミと評判を調査してみて!

 

良い口コミ評判と悪い口コミ評判を調査してみてわかったのは「プラステンアップは口コミ評判が安定して高いサプリ」であることです。

 

確かに中には悪い口コミ評判もありましたが、プラステンアップ自体を強く否定するようなものはそこまでありませんでした。それに対して良い口コミ評判は絶賛に近い内容のものが多かったです。

 

もちろん個人差はあるので、いくら口コミ評判が優れていようと最終的にプラステンアップの良し悪しを判断するのは購入者自身です。

 

そのため、口コミ評判を参考にするのもいいですが、とりあえずプラステンアップを一回試してどんな具合か確かめるのが手っ取り早い方法でしょう。

 

11.販売店はどこがおすすめ?楽天?amazon?それとも公式サイト?

 

サプリメントを購入する場合、多くは楽天、amazon、公式サイトの3つの販売店から選ぶことになります。どれもインターネットを通して買うことになるので、インターネット環境は必須です。

 

ただし、どのサプリもこれらの販売店で扱っているとは限りません。プラステンアップを購入する場合は、プラステンアップの販売情報をしっかり調べる必要があるでしょう。

 

販売店によって購入価格も異なるので、それらを比較すれば自ずとおすすめの販売店が分かるようになります。できるだけ一番安いところを選び、お得にプラステンアップを買いましょう。

 

11-1.楽天市場に販売してる?価格は?

 

プラステンアップのメーカーはサンテミナ株式会社ですが、サンテミナ株式会社自身は楽天市場に商品を出していません。しかし、それ以外の様々な会社は楽天市場にプラステンアップを出しています。

 

たとえば通販フレンズという会社は1袋8,754円(送料無料)でプラステンアップを販売しています。2個セット、3個セットの商品も出しており、それらは若干お得になっています。

 

11-2.amazonに販売してる?価格は?

 

Y楽天市場と同様にサンテミナ株式会社自身はamazonに商品を出していません。しかし、C&Y FACTORYという会社はamazonにプラステンアップを出しています。

 

価格は1袋5,200円で、通常配送料は無料です。他にも様々な会社がamazonに出品しており、それぞれ価格設定が微妙に違いますが、どれも価格は5,000円前後となります。

 

11-3.公式サイトの価格は?定期購入や単品購入などの価格とサービス内容について

 

公式サイトの価格は定期購入と単品購入で異なります。定期購入の場合、初回は1袋1,980円になり、それ以降は1袋5,480円です。単品購入の場合、1袋9,980円となります。

 

定期購入は「プラステンアップラクラクコース」を申し込むことで利用可能です。初回割引のほか、送料無料、クレジット手数料無料というお得さがあります。

 

海外に発送する場合は「プラステンアップラクラクコース」ではなく、単品購入か「海外発送専用おまとめ買いコース」を利用することになります。「海外発送専用おまとめ買いコース」は割引はありますが、送料がかかりやすくなります。

 

11-4.楽天、amazon、公式サイトの価格を徹底比較してみた!

 

楽天、amazon、公式サイトの価格を比較した場合、一番価格が高いのが「楽天」、一番価格が安いのが「公式サイト」となります。「公式サイト」も単品購入は高くなってしまうのですが、やはり定期購入の初回割引のお得さは魅力的です。

 

「楽天」でメリットになるのはポイントが貯まりやすいことです。また学生割引やプレミアム会員特典なども利用できる場合があります。しかし、それらを駆使したとしてもamazonより安くなるかは分かりません。

 

もちろん楽天、amazon、公式サイトの価格はいつ変更になってもおかしくないので、常に情報をチェックすることが大切です。

 

11-5.プラステンアップを最安値で購入するなら公式サイトで決まり!

 

プラステンアップを最安値で購入するなら公式サイトの「プラステンアップラクラクコース」を利用するようにしましょう。初回約80%OFF、2回目以降約45%OFFという驚異的な割引プランとなっているので、堂々の最安値です。

 

また公式サイトは在庫の心配がないことも大きなメリットといえます。amazon、楽天市場での販売はどれも小売店によるものなので、在庫切れを起こしやすいです。

 

在庫切れになると商品自体を買えなくなります。そうなるとプラステンアップの継続ができなくなり、身長を伸ばせなくなってしまいます。

 

11-6.定期購入でも回数縛りなし!手軽に試せる定期購入がお得!

 

「プラステンアップラクラクコース」は毎月商品を届けてくれる定期購入サービスですが、原則無期限で利用できます。ただし、1家族でこのコースを複数回申し込むことはできません。

 

そしてこのコースは回数縛りがなくいつでも解約することができます。期限内に解約フォームから手続きすれば次回発送分を受け取らずに済むので、定期購入は手軽でお得です。

 

11-7.クーリングオフは?10日間の定期ストップがあるから初めてでも安心!

 

クーリングオフについてですが、「プラステンアップラクラクコース」では次回の商品配達予定日の10日前までに手続きすることで定期購入をストップさせることができます。

 

次回の商品配達予定日の10日前ということは、前回の商品配達日から約20日間の猶予があることになるので、急に解約したくなった時でも安心です。

 

12.【まとめ】プラステンアップをおすすめできる方、できない方の違いは?

 

以上の情報を考慮して、プラステンアップは利用するのにおすすめできる方とできない方がいます。おすすめできる方の方がプラステンアップのメリットを多く生かすことができるので、子供の身長を伸ばすのにより貢献できるはずです。

 

プラステンアップはカルシウムを主軸に成長期に必要な栄養素をとりいれて子供の身長を伸ばすサプリであり、そのコンセプトをしっかり理解している方でなければ効果は実感できないかもしれません。

 

たとえば身長アップの即効性を求めている方は上記のコンセプトと食い違うので、プラステンアップはおすすめできません。

 

12-1.おすすめできない人(即効性を求めている方)

 

身長を伸ばすのに即効性のあるものというのは医薬品でしかありえないので、プラステンアップのようにインターネットで気軽に買えたりはしません。

 

そのため、即効性を求める場合はサプリを探すのではなく、病院にかかる方が理にかなっています。

 

といっても健康な身体であれば成長期中にどんどん背が伸びていくはずなので、それをサポートするプラステンアップの効果を実感するのにそれほど長くはかからないはずです。

 

どうしても即効性を気にしてしまう方であれば、最初のうちは子供の栄養補給を期待してプラステンアップを利用するのがいいかもしれません。

 

12-2.おすすめできる人(不足した栄養素を補う、身長や体格を大きくしたい、しっかりサポートしたい親御さん)

 

第一におすすめできるのは子供の不足した栄養素を補いたい親御さんです。どれだけ食生活に気をつかっても何らかの栄養素は不足するものなので、その補助としてプラステンアップは役立ちます。

 

それから栄養補給の延長で子供の身長や体格を大きくしたり、サポートしたい親御さんにもおすすめです。

 

実際に身長アップ効果が出るかは試してみなければ分かりませんが、身長と栄養の関わりが深いことは明らかなので、普段の食生活を整えつつプラステンアップをとりいれるのは健全な行為といえます。